2016年03月11日

あれからもう5年

今日は東日本大震災が発災してから5年目の日です。あれこれこの活動ブログも気付いたら43ページにもなってました。お付き合いありがとうございます。
あれから5年色々な変化あった人、未だ変わらず前に進めない人、震災を遠い過去に思っている人、様々な環境があり、人それぞれに時間を過ごしてきたことだろうと思います。
被災地を第1地域、被災地の県であるが直接的な大災害ではなかった地域を第2地域、直接的な被害が無かった地域を第3地域とするとしよう。そうすると我々は、第3地域に住む人間である。これまでは1周忌の時に宮城県山元町の曹洞宗普門寺様に於いて法要を合同で行わせていただいた他は、3月11日は、それぞれが被災地に思いを寄せながら過去を振り返る時間としてきました。被災地では様々なイベントが催されているが、正直迷惑だと思っている方も少なからずいることは間違いない。そういう方々も気持ちを配慮して被災地にむやみに入ることを拒んできたこともある。第三地域、いわゆる第3者である自覚と配慮である。
たくさんの方々からいただいた御縁に感謝し、今までの事を振り返り、これからも精進し活動を継続させていただきたいと思います。

各地では、慰霊法要や復興祈念が行われていたようです。
私自身は、午前中に所要があり、参加することができませんでしたが、我々を代表して佐藤健宥師に宮城県東松島市の萬寶院さんで執り行われました「心経千巻供養会」に行っていただきました。
IMG_0237.jpg IMG_0238.jpg IMG_0239.JPG

そして私も私なりに衷心よりご冥福をお祈りいたしました。

DSCN1625.jpg
そして本日の読売新聞 山形版のところに乗せていただきました。

平成28年3月11日 読売新聞.jpeg
第3地域の方々は平常の生活に戻り、ボランティア等でかかわりを持ってない方は忘れているかのように思います。実際に我々も平常に戻りつつあります。
あの日を忘れない。私は忘れませんが、第3地域の方々は忘れている。イベントをしても関わった人だけが興味を持ち集まっているようにも思えてしまう。
どう伝えていくのか?というのも今後の課題になっていくのではと感じるこの頃です。



posted by ALL FO ONE at 21:02| Comment(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

2015.12.15 週末保養支援

今年は、雪が遅いです。
本日は福島から子供たちが遊びに来てくれて、雪遊びをする予定でしたが、積雪もないので予定変更して保養支援をいたしました。
ということで米沢市の広幡コミュニティセンターをお借りして行いました。
平日は学童で利用している施設でしたので充実した施設でした。
DSCN1606.jpg DSCN1607.jpg
外には小川が流れており、子供たちは冬眠したザリガニを採取してました。
ちょっと残酷なような気もしましが…帰る時には、戻してましたが。
DSCN1608.jpg DSCN1610.jpg
その後は新田ファーマーズマーッケットさんへ移動して大根堀。大きな大根をたくさん抜いてました。
ありがとうございました。
DSCN1612.jpg DSCN1613.jpg

今回は、アースウォーカーズさんの子供5名の参加でした。

「空間線量は少なくても、土壌に蓄積しているベクレルがねぇ」
ということが問題のようです。
まだ必要とされている支援なのですが、なかなか継続も厳しいというのが現状のようです。
我々は受け入れということなので大丈夫です。
posted by ALL FO ONE at 09:29| Comment(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

2015.12.8 冬の保養準備 ソトデアソビダイベシタ にて

本日は今週末の福島県から遊びに来てくれるというので「わんぱく広場ソドデアソビダイベシタ」の整備に行きました。

その前に今年は雪が降らないので、雪遊びができないので米沢スキー場様にご協力をお願いしに行きましたが、米沢スキー場にも雪がうっすら積もっているという感じ。

DSCN1602.jpg

夏の間の利用もなかったので草を刈ったり、休憩所の掃除をしたり、剥がされた波板を張り直したり…

DSCN1603.jpgDSCN1604.jpgDSCN1605.jpg
posted by ALL FO ONE at 17:51| Comment(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。